2015年春 開校初年度にして、修猷館高

  西南中合格! 公立高校 全員合格!!

 

        H.S君(原北中卒)の合格体験記 

 偏差値9アップ 修猷館高校合格!

僕は中学二年生までは勉強が難しいと感じていて、あまり好きではありませんでした。勉強をするというクセがついておらず、校内の定期考査ではいつも平均点以下の点数をとっていました。勉強は嫌いでしたが、成績は良くなりたいと思っていたので、中学二年生の冬、このエースセミナーに入りました。中学一・二年生で習った内容はほとんど理解していなかったので、勉強はやる前から面倒で退屈なものだと思っていました。

 入塾してから初めのほうは、宿題を出されていたので、それを進めていました。すると、徐々に今までに習ってきた内容が理解できてきて、他の生徒におくれていた約二年分の内容を理解することができました。すると、少しだけ勉強が面白いと思うようになりました。

 短期間でこの量を理解できたのは、問題をといていき、分からない所だけを先生に質問して、「全て自分で考えて理解していく」ということができたからだと思います。それは、授業よりも効率よく理解を進めることができ、より理解が深まるので、非常に大切なことだと思います。質問をしたときには、先生は答えではなくヒントをくれるので、それも自分で考える良い機会になったと思います。

エースセミナーは基本的に授業がなく、自分がやりたい教科、教材を決めることができたので、僕は塾では8割くらい苦手な数学の勉強をしていました。最初は苦手だから自分への戒めのつもりでやってきましたが、何ヶ月かすると、とても数学が好きになり、数学が足を引っ張っていた定期考査の成績も良くなりました。しかしやはり、数学は好きではありましたが難しいので安定はしませんでした。3年半ばになると、英語と理科が安定し、後半では先生のアドバイスなどもあり、なんとか数学も安定し始め、それが強みになりました。

 入試数週間前になると、頭を慣れさせるために過去問をとき、数学の計算問題もスピードが落ちないように毎日やりました。入試があり、その後、僕は志望校に合格することができました。この合格は、豊富な資料や教材があり、わからない所を教えてくれる先生がいて、自分のペースで勉強できるという最高の自習室のような場所で、約一年間、考え、学ぶことができたからだと思います。

最後に、今中学校で学習している方々、習う教科に対して積極的になって、色々な方向に発想を広げていくことを大切にしてください。(原文のまま)

 

    保護者からの 一言

受験のとりかかり時点から考えると、本当にコツコツと欠点を克服してきたように思います。 それも、指導して頂いた内容が的確であったことが大きかったと思います。

多くの問題にとり組むことで実力となり考える力(想像力)にもつながったと思います。ありがとうございました。(原文のまま)